バランスチェアでなぜ姿勢がよくなるの?姿勢を見るプロがバランスチェアの良さを徹底解説!

4 min 34 views
ひろパパ

ひろパパ

30代子育て中パパブロガー!脳科学的観点を中心に子供とどう関わっていけばよいのか、子供の成長に必要なことをつぶやいています!
子供のうちに鍛えられることを様々な角度から考えていき、それを実践できる豆知識としてお伝えしていきます!

  • 「もうちょっとしっかり座って勉強しなさい!」
  • まっすぐ座ってご飯は食べて!」
  • 姿勢を良くして座りなさい」

子育てをしていく上で、このように子供の座っている姿勢について気になったり、注意したことがある親は非常に多いのではないでしょうか?

かくゆうひろパパも毎日、子供に【座り方や座る姿勢】については口すっぱく注意していました!

ひろパパ

ひろパパ

実は、子供の姿勢についての研究は様々な報告があり、姿勢が良くなることで集中力の向上などに関わることも見受けられます。

子供の姿勢はすべての親が気にする部分であり、できることなら真っすぐきれいに座ってご飯を食べたり、勉強をしてほしいものです!

ママさん

ママさん

でもそうはいっても子供にちゃんと座らせることなんてできるのでしょうか?

実はそんな悩みを一発で解決してくれる椅子があるのですが、皆様はご存知でしょうか?

ずばりそれが人間工学に基づいて座るだけで姿勢をよくするバランスチェアなのです!

その中でも私が圧倒的にオススメするのがサカモトハウスのバランスイージになります!

ひろパパ

ひろパパ

圧倒的にオススメのバランスチェア

16万人が愛用
✓30日返金保証付き

今回は運動や姿勢をみるプロであるひろパパからみた【バランスチェアの魅力】についてまとめていきたいと思います。

この椅子を購入してから、座っている姿勢についてはほとんど気にならなくなりました♪

ひろパパ

ひろパパ

ママさん

ママさん

是非ぜひ、教えてください!

バランスチェアとは?

そもそもこのバランスチェアは普通の椅子と違って何が特徴的なのでしょうか?

バランスチェアが普通の椅子と違うポイントは、座っているときの支えがお尻だけではなく、ひざで支える構造になっており、それによって姿勢を正しくするという特徴を持っています!

その他には多くのバランスチェアは座る座面が斜めになっている、そして背もたれがないのも特徴です!

背もたれつきバランスチェアについてはこちら!

こういったバランスチェアの構造があることによって実は、子供(大人もですが)の座る姿勢が正しく保たれるということに繋がります。

バランスチェアに座った時の特徴

上の図を見てもわかるように座面が傾き、ひざをついて支えるだけで、姿勢がのびるのがお分かりですか?

ひろパパ

ひろパパ

バランスチェア
とは?

バランスマネジメント社の商標で、一般名称としては【ニーリングチェア】などと呼ばれている。

では、なぜこのバランスチェアの構造の特徴である、座面が傾き、ひざで支えることがこのように背筋がのびてキレイに座れるかを説明していきたいと思います。

バランスチェアの特徴
  • 座面が傾いている
  • ひざで支える
  • 背もたれがない

バランスチェアの特徴①:骨盤が起きる

元々座るという姿勢は股関節部分が曲がるのが特徴です。

この際に股関節というのは骨盤大腿骨という2つの骨が関係するのですが、実はこの2つの骨で形成される関節が曲がる角度は70°が限度とされています。

股関節の角度

しかし、人が座る姿勢は基本的には床面と足の角度が水平となるため、90°の角度が必要となります。

そのため股関節だけでは90°-70 °=20°とその分足を曲げる必要があります。

その際にこの20°骨盤が後ろに傾く(後傾)ことで、その角度を担保することとなります。

つまりは、普通に座っている姿勢では骨盤が後ろに倒れているということになります。

さらにこの状態で背もたれがある場合はどうなるかというと、より後ろに姿勢が崩れてしまうことになります。

その状態でお勉強をしたり、ご飯を食べたりすると、頭を前に倒さないといけません。

そのために肩甲骨を前方に引き出したり、頭が前に突き出た姿勢になることで完成するのが【猫背】という姿勢になるのです!

人の猫背の原因
  1. STEP

    座るために骨盤を後ろに倒す

  2. STEP

    さらに背もたれで上半身が後ろにもたれかかる

  3. STEP

    前にかがむために頭や肩が前方へ

  4. STEP

    背中がまるまった猫背になる

つまり椅子に座っているだけで、人は腰(骨盤)が後ろにさがって、結果的に姿勢が悪くなってしまうのです。

良い姿勢を作るためには骨盤が起きないといけないことが分かったと思うのですが、椅子に座っている段階で足が床と水平になり、物理的に骨盤が後ろにさがるため、この骨盤を強制的に起こさないといけません。

ママさん

ママさん

でも子供にずっと骨盤を起こすことを意識させるのってできないですもんね・・・(困)

この姿勢の崩れの連鎖をとめるのがまさにバランスイージーの座面の角度にポイントがあるんだよ!

ひろパパ

ひろパパ

子供の骨盤が起きない原因のひとつに筋力の問題があります。

人が進化の過程で直立2足に立てるようになったのには、骨盤を直立位に保つための【大腰筋】という筋肉が発達したことが大きな要因だとされています。

大腰筋

実はこの大腰筋足の速さにもすごく関わる筋肉なのです!

しかし、子供ではこの筋肉が弱く、骨盤を起こす機能がまだ備わっていません。

ひろパパ

ひろパパ

まして、勉強しているとき、ご飯を食べるときに意識してこの筋肉を使って骨盤を起こすこと自体が難しいです。

その際に座面が元々前に倒れていればどうでしょうか?

そうすることで大腿骨の曲がる角度が90°まで深く曲げる必要性がなく、骨盤を自然に起こした(後ろに倒れない状態)で座ることが可能となるのです。

バランスイージーの座面
バランスチェアの特徴①

座面が傾くことで筋力が弱い子供でも骨盤を起こした状態で座ることができる

バランスチェアの特徴②:ひざで支える

骨盤が起きることの重要性はさきほど述べましたが、実は骨盤が起きるとその分足で体重を支える負担が増えてきます。

ただ、子供の座っている姿勢をよくみると足を後ろに引いて足をつかずに座る子も多く見かけます。

子供がよくする椅子の姿勢
ママさん

ママさん

それよくあります。なんで子供ってあんなに足をずっとバタバタさせたりするんでしょうね。

つまりただ座面が斜めに上がっただけでは、前に倒れそうな感覚になったり、足に負担がかかったりするため、実は座っていても子供にとってはすごく窮屈に感じます。

その際に支えがひざ(正確には下腿骨というひざからしたの骨になるのですが)で支えることで、より体重を免荷しやすく、長時間座ることに対しても疲労感を軽減するということがあります。

さらに、前に体重をあずけやすいということはさらに骨盤を起こす作用にも繋がり、より姿勢が良くなるという効果もでてきます。

バランスチェアに実際に座った姿勢
バランスチェアの特徴②

ひざから下の骨でしっかり支えられることでさらに姿勢がキレイになる!

バランスイージー

バランスチェアの特徴③:背もたれがない

骨盤が起き、ひざで支えることができれば基本的には背もたれは必要がありません

最近では背もたれつきのバランスチェアも発売していますが、その用途はちょっとした休憩にもたれられるというメリットもあります。

座っての作業が多く、腰痛もちの大人の方には背もたれ付きはよい商品ですね♪

ひろパパ

ひろパパ

背もたれがあると体重を支える面積が広がり、かつ重力に対してしっかりと安定した支えができるため、実際にも体を支えるための筋力も使わなくてすみます。

ママさん

ママさん

確かに背もたれがあると楽に座れますもんね!

それに対してバランスチェアのように背もたれがなく、かつひざで体重を受けることができると、体重が前方部分によりかかり、さらには背骨が正常の湾曲(S字カーブ)姿勢をとることができるため、座っているだけで自然とお腹周りの筋肉が働くことで姿勢を良くすることにも繋がります。

サカモトハウスHPより抜粋

ある意味姿勢を良く座っているだけで、姿勢を支えるために必要な筋力がつくということですね!

ひろパパ

ひろパパ

バランスチェアの特徴③

背もたれがないため座っているだけでお腹に力がはいりやすくなる!

バランスチェアのまとめ

バランスチェアに座ることのメリット
  • 骨盤が起きた状態で座れることで姿勢がキレイになる
  • ひざから下の骨でしっかり支えられるため長時間座っても疲れない
  • 背もたれがないのでもたれることができなく、力がつきやすい

今回はバランスチェアに座ることでの姿勢がよくなる理由についてまとめてみました!

現在はこういったバランスチェアですが、沢山の種類がでていますが、その中でもひろパパはサカモトハウスのバランスイージーを最もオススメします。

バランスイージー

圧倒的にオススメのバランスチェア

16万人が愛用
✓30日返金保証付き

日頃子供の姿勢などをみるプロとしてこのバランスイージーは本当におすすめです♪

ひろパパ

ひろパパ

是非日ごろ子供の姿勢で悩まれてる親御さんはご参考にしてみてください!

ひろパパ

ひろパパ

30代子育て中パパブロガー!脳科学的観点を中心に子供とどう関わっていけばよいのか、子供の成長に必要なことをつぶやいています!
子供のうちに鍛えられることを様々な角度から考えていき、それを実践できる豆知識としてお伝えしていきます!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です